GIOVANNI  DE SIMONE    

 

GIOVANNI DE SIMONE(ジョバンニ・デシモーネ)は1930年10月28日にパレルモに生まれました。1951年にプロとして活動を始めて間もなく、New Yorkのロックフェラー財団、パレルモのロータリークラブなど様々な団体から毎年の様に数々の賞を受賞していました。彼の多才振りは陶製品に限らず絵画、彫像、装飾などあらゆる分野に及びました。 たとえばパレルモに有るサン ミケーレ アルカンジェロの教会の装飾、アレッサンドラとトゥーリンのカラビニエレ(国家の特殊警察)大学の為のパネル、ウスティカ教会の陶板、彫像があります。その他の彼の作品は、ロックフェラー美術館、コネチカット州立美術館、ファエンツア美術館、チェルビア美術館、パレルモ近代美術館 そしてバゲリアのカトリッカ ヴィラ等に展示されています。 彼の作品はイタリアのみならず世界各国で公的な場でも、個人のコレクションとしても、今なお多くのファンを魅了し続けています。 見る人に、辺りに元気と温もりを与えてくれるデシモーネの作品は、私たちの疲れた心を癒してくれます。
彼は1991年3月23日に60歳の若さでこの世を去りました。  現在、工房を引き継いでいる三女のスザンナはこの様に語っていました。『頑固で気難しい父でした。でもお葬式には驚くほどの多くの人が参列してくれ、特に若い人が沢山来てくれたのには驚きました。』  作品と同じく DE SIMONE は多くの人々に愛されていたのです。


在りし日の DE SIMONE
受賞歴

1952年 ファエンツア工芸品展銀賞 ファエンツア國際展示会佳作

1953年 シチリア地方応用芸術1位

1954年 ロックフェラーセンター造詣美術部門で受賞、同装飾美術部門入賞

1955年 國際アルチーデ・デ・ガスペリ賞陶芸部門1位、モンツア市イタリア展示会金賞受賞

1956年 シチリア地方議会賞受賞

1959年 ファエンツアで名誉称号受賞

1960年 ファエンツア工芸品展金賞受賞

1961年 ローディ、モントリオールの展示会で各2位

1962年 ウスティカ”黄金のイセエビ"絵画展2位、ミュンヘン国際展3位

1963年 シチリア 1963年絵画展で”ソフィス賞”受賞

1964年 パレルモ州金メダル、グアルド・タディーノ国際展で”プロタディーニ賞”受賞

1965年 パレルモ州黄金の”パルテノン賞”受賞

1966年 ”ウスティカ”絵画賞受賞、スポレート市"芸術とスポーツ”絵画展1位

1967年 "教会工芸品展”(ピサ)一位

1968年 ”カステッラモンテ”教会美術展(トリノ)金メダル、”テルメ・デ・チュルビア賞”受賞

1969年 モントリオール教会美術展で受賞、ミラノ・マリッティマで金メダル受賞

1970年 壁画装飾で”ウスティカ賞”受賞、陶芸部門で”チェルビア賞”授賞

1973年 ”バゲリーヤ・クラブ絵画賞”、”ヴィアレッジョ賞絵画部門”受賞、”アグリジェント賞”授賞

1973〜1974年 ”エウロプレミオ賞”受賞、”美術評論賞”受賞

1976年 ”第二回陶芸ビエンナーレ(カルタジローネ)A.C.A.T.賞”受賞、”カルタジロ-ネロ-タリ-クラ ブ賞”受賞

1978年 ”レオナルド・ダ・ヴィンチ賞”(陶芸部門)受賞

1979年 ”エリーチェ賞”受賞

1981年 ”フロリオ賞”受賞

1982年 ”黄金のケーパー”賞受賞

その他受賞歴多数.

 

About the owner

Okishima

私がDE SIMONEの作品に初めて出合ったのは30年前ミラノに有るリナシェンテという高級百貨店でした。 ある一角に置かれていた色鮮やかな陶器に釘付けになった事を今でも覚えています。いつか日本で販売したいとその時思いました。それから3年間イタリア・ミラノで勤務、結婚し香港在住1年後、日本に帰国。出産後、心の中に強く印象づけられた念願のデシモーネをシチリアに買い付けに行き、一時期DE SIMONEのネット販売をしていましたが父親の病気介護の為、中断。この度,再開することとなりました。***  輸送方法や為替を熟慮して極力低コストで販売します。 又、包装は環境を考え無駄なゴミを出さないように簡易的なものにしています。ご希望の方にはプレゼント包装にも対応致します。順次新しい商品に入れ替えていきます。

Top